連載:仁義なき嫁 こばなし劇場

ビーチサイド

   日差しが青い海をきらめかせる。お世辞にも澄んだ水とは言えないが、それでも真夏の湘南はムード満点だ。  人が溢れてイモ洗い状態になったビーチも、騒がしければ騒がしいほど雑然として、非日常を期待した男女の熱で […]

30

小夜

   開いた本の内容が、まるで入って来ない。  手にしたウィスキーグラスの氷を鳴らし、ふっと視線をあげる。さほど難しい本を読んでいるわけではない。佐和紀に薦めた小説の文庫だ。リビングのテーブルの上に置かれていたのを、手に […]

25

河喜田さんと佐和紀さん

『河喜田さんと佐和紀さん』 「こんなところで、なにを」 河喜田が思わず声を掛けてしまったのは、刑事の習性が理由じゃない。 缶ジュースとタバコを手にして、繁華街のガードレールに腰を預けている男は、眼鏡の奥の瞳を細めた。 「 […]