タグ:紙書籍

【紙書籍】夜明け前まで

<2017/11/20> ※電子書籍『夜明け前まで』に加筆修正。正式に、仁義なき嫁シリーズへ組み込みました。 政治活動家の父に捨てられ、養父となった男からは売春を強要され…そして真幸は、関西系暴力団の若頭・美園に命を買わ […]

【紙書籍】春売り花嫁といつかの魔法

『春売り花嫁といつかの魔法』ラルーナ文庫 2017/7/20 元男娼のユウキは資産家の樺山に身請けされ、昨年、遠野組の用心棒、能見と別居婚をした。 公認とはいえ未だ微妙な緊張感の漂う養父と旦那。 そんなある日、樺山から、 […]

【紙書籍】仁義なき嫁・旅空編

【仁義なき嫁・旅空編 あらすじ】 大滝組若頭補佐・岩下周平とその男嫁・佐和紀――二人の二度目の結婚記念日を祝って、世話係の舎弟たちとともに訪れたのは南国の島、バリ。 ところが、一行が現地で知り合ったOLグループの中に周平 […]

【紙書籍】仁義なき嫁・乱雲編

【仁義なき嫁・乱雲編 あらすじ】 大滝組の若頭補佐、岩下周平とその男嫁の佐和紀。結婚からそろそろ一年半だが、いまだ蜜愛満喫中の二人。 そこへ組長の息子、悠護と周平の右腕で『風紀委員』の異名をとる男、支倉が海外より帰国して […]

【紙書籍】仁義なき嫁・海風編

仁義なき嫁・海風編 【ラルーナ文庫 10月20日発売】 こおろぎ組の狂犬こと佐和紀が大滝組若頭補佐、岩下周平の『男嫁』になって一年と数ヶ月。 すったもんだの数々を経て、やっと甘い新婚生活…と思いきや、かつて佐和紀が暮らし […]

【紙書籍】孕ませの神剣~碧眼の閨事~

孕ませの神剣~碧眼の閨事~【ラルーナ文庫・8月20日発売】 八十矛神社に代々伝わる憑き物落としの神剣・獅子吼《ししぼえ》――社家である平坂家次男の保穂は、行方知れずのその神剣を探し求めていた。 四歳の甥、壱太郎にかけられ […]